studioone3proを買ったが

ファンレスパソコンなのでマシンパワーが足りないらしい。

シンセサイザーは音がしないしmp3を読み込んで再生するだけでプチプチノイズが入る。

 

作曲からチャットボット作成などに移行しようかな。

DAWのバウンスに失敗していた理由

どうやらwindowsのサウンド関連で音量が半分になっていた。

解決するかも。

作曲したいのか、DAWをどうしたいのか

Cubaseかstudio oneかで迷う。

そもそも作曲したいのかも悩んでいると言えば悩んでいる。

最近めっきりメロディが浮かばない。

Supersawなんかの音色は凄く興味があるけれども、どうしようかなぁ。

時間がなければ音楽を聞けないよねー

と久々に思った。

まあ宇宙や科学のことはもういい。

数式に起こせなくなったけどいろいろしてきたし。

MTRを検索した

マスターレコーダーほど高価なものを買わなくてもステレオの品質の高い録音がMTRでできるらしい。マスターレコーダーの5分の1くらいの値段。

ICレコーダーのライン入力付きのものも検索したが、データがアナログでしか取り出せないのでなんだかんだで、マスターレコーダーかMTRがいいのかなーと思った。

やっとマスターレコーダーという言葉にたどり着いた

何回かこの言葉に当たるけど手に入る値段じゃなかったから、諦めるうちに忘れることを繰り返してやっとまた思い出せた。

DAWとオーディオインターフェイスとマスターレコーダーを買えば作曲する環境は揃う。

JavaでMIDIを使ったときのこと

WindowsXPの時代になるが、sequencerのstart()を4つ以上for文ですると音にエコーみたいのがかかって同時発音できなかった。

今はどうなんだろう。

JavaでAメロ、Bメロ、サビなどをフォルダを作るみたいにカテゴリ分けをしてメロディーとコードをそれぞれたくさん保存して組み替えるみたいなソフトを作りたいと昔思って少し作って終わっていたが、また作ろうかと思い始めている。

これはCubaseのバウンスは音が変わるのでVSThostで録音したら解決するだろうなーというのもあるのだけど。

まあでも無用かなぁ。